PC版FPSはマウスもいいけどコントローラーでも可

家庭用ゲームだけでは満足できず、PCでFPSをプレイしたい!という方で、でもどういったものをそろえていけば良いのかわからない?という方もいらっしゃると思います。
ここでは、そういった初心者の方に、PCでFPSをプレイできる環境について、書いていきたいと思います。
必要なもの

PC

パソコン本体です、ただ本体があれば良いというわけではありません、ゲームをプレイするには、必要な環境がそろっているか確かめなければなりません。もし、PCを所持している人は、こちらのWEBツールで自分のPCでそのゲームがプレイできるかチェックできます。ゲームタイトルを入力すれば、PCのスペックを計測してくれます。もし、スペックが不足している、PC本体を所持していないので新しいPCが必要である!という方は、一番てっとり早いのが、必要スペックを満たしたPCを店舗で購入することです。

BTOパソコンという、受注でしかもある程度パーツなどの融通が利く店舗に依頼すれば、より自分の必要な環境を取り揃えやすいです。DOSPARA、マウスコンピューター、パソコン工房などが有名です、こういったところは店員さんも知識が豊富なので相談がしやすいです。大手電気店などですと、店員さんの知識がマチマチですので、あまりオススメしません、しっかりとした知識がある店員さんに相談しましょう。BTO店であれば、プレイしたいゲームにあわせたPCをオススメされると思います。どのBTOがいいかはe-ゲーミングPCというサイトが最も情報が充実しています。個人的なおすすめはドスパラです。予算は自分が出せる限界より一回りくらい小さい値段を言いましょう。基本的に、出せる金額のちょっと上の金額をオススメされる場合が多いです。

マウス、キーボード

こちらは、付属で安いものがついてくるところが多いですが、やはりゲーム、とくにFPSをプレイするようであれば、より動作の認識がよく、キーボードであれば同時押し対応ができるものが良いでしょう。キーボードは色々と種類があり、軸と呼ばれるものが、茶、青、赤、黒と4色あるので、オススメは押し心地の良い、茶軸、赤軸がオススメです。

モニター

周波数の高く、画面表示が滑らかなものを選びましょう、1秒以下の判断で一気に形勢が変わってしまうFPSではより表示能力の高いモニターが望まれます。

机、椅子

椅子はより、身体にフィットして、快適なものを選びましょう、机も背の高さにあって、手元がグラグラしないもが良いでしょう。快適な環境こそが、一瞬の判断が運命を左右するFPSでは求められます、より良い環境で集中力を高く保ち、爽快感を味わえるような環境をつくりましょう。

PCで使い慣れた家庭用ゲームコントローラーを使用する

PCでゲームをプレイするさいに、どうせならば手持ちで所持しているゲームコントローラーを使えてしまったら、PCコントローラーを購入するより安上がりですし、手間がありません。ということで、ゲームコントローラーのPC接続方法をまとめてみました。

PS4コントローラー

タッチパッドも付いているコントローラーです、本体を所持している方はまだ少ないと思われます。USBケーブルで接続した場合には、ワイヤレスコントローラーという名称で認識されます。ブルゥートゥースで認識したい場合は、SHAREボタンとPSボタンを同時押ししてペアリング状態に移行し、PC上でブルートゥース機器を検索すると反応します。あとは通常のブルートゥース機器と同じように接続していただければ接続完了です。ただ、PCでのゲーム全般を保証するものではないので、一部では動きがいまいちだったりする可能性があります。

PS3コントローラー

こちらのツールをダウンロード、インストールする必要があります。基本的にドライバをダウンロードしなければならないので、煩わしい人などは、向いておりません。

Xbox One

マイクロソフトが出しているだけあって、サポート済みなので、ドライバをインストールしていただければ、使用が可能です。Xbox360も同様なので、Xboxファンの方には、問題なく使用が可能となります。私はXbox360のコントローラーが好きなので、使用しておりますが、違和感無く使用できており快適にゲームプレイができております。

Wii

現在はWiiUなども発売されており、いまだリモコンは現役という方もいらっしゃるかもしれません。Wiiリモコンもブルートゥース検索して、1ボタン+2ボタンを同時押しするか、電池パックを開けて、赤いボタンを押すかしていただければ、検索に出てきます。(nintendo〜〜という名称)そして、ドライバとしては、ソフトをDLしインストールして使用していただけます。PCで専用コントローラーを購入するのはちょっと勿体無い、という方は上記の方法で既存の家庭用ゲームコントローラーが使用可能となります。やはり、手馴れたコントローラーの方が、ゲームをプレイするには違和感が無いと思えます。